カーシェアリング
古くて新しい言葉「カーシェアリング」
排出ガスが少なく環境に優しいEV、充電ステーションと兼用でカーシェアリングの代名詞のようになっています。

ここ数年で様変わりの状況にあるカーシェアリング、
 都市部では、渋滞緩和による社会的効果、駐車場などの維持費を中心とした家計への効果 で
 ハイブリッド車やガソリン車でもカーシェアリングは十分にECOに貢献します。

「カーシェアリング」使いたくても使えない、使い道が思いつかないという人の為に、
カーシェアリング事業の大手の現状から、あなたにとってカーシェアリングという選択肢は有るのかを考えます。
どんどんステーションが増えているタイムズカーシェアのカーステーション
詳細は=> タイムズカーシェア
 草分けのオリックス自動車の流れの「ORIX カーシェアリング」
 
 三井のカーシェアのカーシェアリング・ジャパンの「カレコ」
 詳細は=> 三井のカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ
 カレコの公式ブログ には、さまざまな利用体験談が掲載されています。
 こんな使い方もあるのだと、カーシェアリングがずっと身近になります。
おすすめの使い方

運転免許が有るなら、都市圏に住んでいるなら、カーシェアリングをいつでも利用できるという安心を手に入れておくことが良いのではないでしょうか。

ポイント1)

 カーシェアリングの基地(ステーション)が自宅(または利用拠点)の近くに有るか

  カーシェアリングを使う動機の大半は、自家用車の代替として。
 
  愛車に特別の思い入れが有る人はともかく、
  「カーシェアリングの基地が自宅の近くに有る」なら
  カーシェアリングは検討に値します。

「タイムズカーシェア」圧倒的なステーション数で全国カバー
 全国主要都市に約6,700カ所に約11,800台のクルマを配備しています。

  「ORIX カーシェアリング」は、首都圏、東海、関西、沖縄 に 1264拠点(2014.3時点) で拡大中です。
  
  「カレコ」は、首都と周辺限定で(三井のリパークを利用)カーシェアリングの質、密度を充実させています。
(careco (カレコ)のカーシェアリング首都圏以外は、ほとんどないのですが、名古屋、岡山につづき沖縄にもステーションができました)

 
ポイント2)

 車の利用形態が短時間の利用や、夜間や、思いつきの利用が有るか 

 レンタカーは都度契約ですが、カーシェアリングは、会員制の予約でIT化されています。
 パソコンや携帯から空いていれば直前でも夜間でもいつでも予約し借り出すことができます。

 ちょっとした買い物、子供の送り迎え、親の世話の定期的な訪問、病院への送り迎え など、いろいろ使い道はあります。
 車を持っている人は、自家用車の代替として
 車を持っていない人は、使えれば便利なことが有る。

 レンタカーとカーシェアリングとを比較して選ぶような物ではありません。
 格安レンタカーとか、カーシェアの拠点拡大とか、垣根が小さくなりつつ有りますが、現状は
  旅行などプランして利用するのはレンタカー
  その場でちょこっと使うのがカーシェアリング

  レンタカー同士は比較するもの
  レンタカー各社の料金を比較し、その場で予約出来る!期間限定プランもあり

ポイント3)

 カーシェアリングのメリット、デメリット

  エコなカーシェアリングとしてコンセプトは広まっていますが、あなたの利用する基地のカーシェアリングはどうなのよ。
  カーシェアリングに対する人の意見もあまりあてになりません。自分にとってどうなのよ という点が一番大事です。

  その為には、便利さの程度を体験してみることも大事です。

月会費無料プランのカーシェアリングも有ります。
 三井のリパークでカーシェア「カレコ」

ポイント4)

 カーシェアリングのコストと付加価値

 既に車を持っている人にとっては、どれぐらい費用負担が減るのかをポイントにする人もいるでしょう。
 EVや外車などの、いろんな車に乗ってみたいという人もいるでしょう。

 今の車はそのままに、カーシェアリングが有効活用できる場面がないかと考える人もいるでしょう。

 カーシェアリングのサイトを眺めているといろいろなアイデアが浮かんでくると思います。

どんどんステーションが増えているタイムズカーシェアのカーステーション
詳細は=> タイムズカーシェア

メルセデスベンツにも乗れる、豊富な車種の 三井のカーシェアリング・ジャパンの「カレコ」
詳細は=> 三井のカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ